女性

膣を引き締める方法│メスを使わない注射による施術

10分で済む施術

考える女性

メスを使わずに、膣を引き締める施術を行なうことは可能です。1番ポピュラーな方法としては、美容非形成外科で注射を行なってもらう方法がオススメだと言えます。比較的安価な価格で試すことができます。

Read

婦人科形成で相談

ボディ

婦人科形成では、女性器に関するトラブルや悩みを解消してくれます。特に膣の引き締めに関する施術は充実しているので、変化を感じて不安になった時はカウンセリングを受けてみると良いでしょう。

Read

プロに女性器の悩みを相談

女の人

女性は外見から内面まで、自分を磨くことを怠りません。ですが加齢や出産を期に体が変化することは防ぎことが難しいでしょう。妊娠で体重が増加した場合は、食事制限や運動を行なえばある程度元に戻りますし、出産や授乳で自然と戻ることもあります。ですが膣のゆるみは中々自然に戻りません。年齢や体質によって膣の大きさや色は異なりますが、出産経験の多い方は徐々に緩んでしまうこともあります。これは子宮まわりの骨盤底筋との深い関わりがあります。胎児が大きくなるにつれて、重みを増した腹部が骨盤や子宮を圧迫すると、徐々に広がっていき緩んでしまいます。これを引き締めるためには、腹筋運動や膣トレという特殊なエクササイズが必要になってきます。

運動や膣トレが必要だと分かっていても、体力に自身がない人が毎日続けて行なうのは少々困難とも言えます。そんな時はプロの手を借りましょう。美容形成外科では女性器の引き締めを戻す施術を行なっています。施術には様々な方法がありますが、1番簡単な方法は注射による引き締めでしょう。コラーゲンやヒアルロン酸など、肌のハリを維持するのに欠かせない成分を女性器に注入することで、潤いを補いスムーズな動きを促進させることができます。また、これらの成分が女性器にハリを与えてくれるので、弾力が戻り引き締め効果を高めてくれます。メスを使った施術に抵抗がある方は、まず注射による施術からチャレンジしてみると良いでしょう。

筋肉と女性器の動き

女の人

膣の緩みが気になるものの、お金をかけて施術を行なうのが勿体無いと感じた時は、まずは自分でできるトレーニングを行なってみましょう。緩みと共に下半身のボディーラインの引き締めにも効果があります。

Read